不倫 離婚したくない 離婚の話し合い

不倫されても離婚しないと決めたらどうするか

配偶者の不倫の証拠を見つけた時、その衝撃は経験した人にしかわからない独特の強い衝撃です。

不倫が発覚すると離婚を決断する人もいますが、絶対に離婚はしないと決める人もいます。

また、何らかの理由があり、今すぐには離婚を選択できない人もいるでしょう。

それでは離婚をしない場合はどのようにすれば良いのでしょうか。

一緒に考えていきましょう。

不倫の証拠は十分ですか?

まず最初に確認していただきたいのは、不倫の証拠は十分か?ということです。

不倫相手や配偶者に慰謝料請求をする場合は決定的な不倫の証拠がなければ、シラを切られて慰謝料を払わないという事も考えられます。

また、配偶者から不倫を理由に離婚したいと言われても不倫の決定的な証拠がなければ相手の不貞行為を追求することができません。

不倫の証拠を見つけたら、まずはその証拠が【不貞行為】の決定的な証拠かどうか確認をすることが必要です。

不倫の証拠についてはこちらの記事もご覧ください。

離婚届不受理申出を役所で手続きしましょう

不倫相手から離婚を迫られている場合、配偶者は離婚を強行してくる可能性ががあります。

万が一、離婚届を勝手に出されてしまっても、内容に不備がなければ受理されてしまいます。

解消するには家庭裁判所で離婚無効の裁判をする必要があり、裁判で勝つまでは離婚している状況です。

また、以前にケンカの勢いで記入した離婚届を相手方に渡してしまっている場合も要注意です。
この場合も相手方が勝手に離婚届を提出する可能性があります。

離婚を焦っている配偶者の勝手な行動を防ぐためにも、不倫が発覚したらすぐに役所で離婚届不受理申出の手続きをしましょう。

不倫について追及するかしないか

離婚しない場合には、配偶者に離婚を追求するか?不倫相手に慰謝料請求をするか?は慎重に対応していかなくてはなりません。

不倫を追求することで、行き場を無くした配偶者が不倫相手のところに逃げてしまったり、逆ギレをして家から出て行ったりすることもあるからです。

配偶者も離婚を望んでいない場合

不倫相手とは遊びの場合です。

このような場合は配偶者も離婚を望んでいない事が多いのでもう不倫はしない事を約束させたり、不倫が理由で離婚になった場合の養育費や財産分与の条件を夫婦間の誓約書として約束しておくことで再度不倫をすることを抑止する効果も期待できます。

結婚生活に不満があって不倫に逃げている場合

結婚生活に不満があるからと言って不倫は許されない行為です。

本当は夫婦の問題に向き合って二人で解決していかなくてはならないのですが、不倫という行為に逃げている状況です。

この場合は不倫を追求することで、今は離婚まで考えていなくても「やっぱり離婚したほうがいい」「離婚をするしかない」と離婚に傾く可能性があるので、不倫について追及する場合は慎重に行動する必要があります。

かといって追求しないで放置することで逃げ癖が悪化し、不倫相手との関係が深くなりすぎる可能性があるので相手の様子を観察しながら対応を慎重に考えましょう。

不倫相手との関係が深くなりすぎている場合

この場合は一番厄介です。

不倫相手との関係が深くなりすぎて、離婚するか不倫相手と別れるのか?の二択に迫られている状況もあります。

ひどい場合は不倫相手に心酔していたり洗脳されていたり、弱みを握られていることもあるので対応に苦慮します。

ここまで不倫が深くなっていると不倫を追求することで「離婚したい」「別居だ!!」と逆ギレされる事もありますし、「不倫をしたのはお前のせいだ!」とあなたを責めてきたり家を飛び出して不倫相手の家に逃げることもありますので、こちらから不倫について追及するのは避け、相手方から離婚や別居を言い出してきたときの対処を完ぺきに考えておくのが賢明でしょう。

離婚をしない理由は何ですか?

配偶者の不倫が発覚しても離婚をしない理由は人それぞれ違います。

あなたの離婚をしたくない理由別に対処を確認していきましょう。

子供がまだ小さく働くことが難しい

子供がまだ小さいとフルタイムで働くことが難しく、離婚をしたところで経済的な不安があります。

子供が小さいうちは不倫をしている夫も、子供と会話ができるようになったり一緒に遊べるようになったりすることで子供と一緒の時間を優先するようになりピタリをしなくなったというケースもあります。

何かあった時の為に不倫の証拠はきっちり確保したうえで不倫については追及せず夫の様子を見るのも一つの方法です。

離婚したほうが経済的に不利になるので離婚をしない

外で不倫を楽しんでいる夫ですが、給料は全額家に入れており、不倫にもお金を使っていないという事もあるでしょう。

離婚をして経済的に苦しくなるよりも、給料を家に入れてくれているうちは不倫に目をつぶって子育てに専念したいという方もいます。

この場合も不倫の証拠は確実にしておきながら、不倫相手と会っている日や行っている場所、お泊りの様子等の詳細を記録しておき、離婚になる時に離婚条件を自分に有利にすすめることができるように準備をしておきましょう。

離婚して不倫相手と再婚するのが嫌だ

自分とは離婚をしてすぐに不倫相手と再婚するのは耐えられない!!
不倫をした二人だけいい思いをさせない!!と思うのは当然です。

この場合は配偶者が既に家から出て行き、不倫相手の家に住んでいることもあるでしょう。

不倫した配偶者はあなたが離婚を拒否しても、別居を数年続ければ離婚できると思っている人もいると思います。

不倫相手からの離婚請求は基本的には認められませんが、別居の期間や夫婦の状況では認められる場合もあります。

裁判で離婚が認めれられるまで離婚は絶対にしないと決めるのも選択ですが、子供がいる場合、別居していても、離婚が成立しなければ受けられない制度もありますので、役所で確認をすると良いかもしれません。

また、相手の再婚を足止めする分、自分の幸せも遠ざかります。

離婚が成立するまであなたの心もそこに留まり続けることになるので、ある程度自分の気持ちの整理がついたり、心の平穏を取り戻せるようになったら、自分の幸せを求めて次のステップを考えてみても良いでしょう。

離婚をしないと決めたら

離婚をしない理由を自分の中で明確に設定しましょう。

次に不倫があったら離婚する、子供が〇歳になったら離婚するというように今は離婚しないけれど未来には離婚することを決めたという方もいます。

不倫の衝撃は大きく、自分の精神状態を保つだけで最初は精一杯ですし、結婚生活には不倫以外の小さな不満や夫婦の意見の違いがたくさんあるものです。

そういった日々の生活を過ごしていくためにも、離婚しないという強い意思と自分の意思は間違っていないという自分を信じる気持ちが大切です。

当事務所にカウンセリングを依頼する場合

・まずは下のLINEからご予約をお願いします。
・札幌市東区の事務所で対面カウンセリング
・札幌市内であれば喫茶店等での対面カウンセリングも可能です
・電話カウンセリング:全国対応
・Zoomでのビデオカウンセリング:全国対応
・60分税込6,600円 以降10分毎に税込1,100円
・何から話して良いか決まっていなくても大丈夫!!
・あなたの気持ちを丁寧に確認します。

お問い合わせは下記のラインボタンをクリック
友だち追加

-不倫, 離婚したくない, 離婚の話し合い
-,

© 2021 離婚の大辞典 Powered by AFFINGER5