カウンセリング 離婚の話し合い 離婚準備

離婚の相談はどこにしたらいいの?【悩み別に解説】

離婚をしたいと考えても、どこに相談したらいいのかわからない・・・と悩む方は多いです。

いきなり弁護士さんに相談するのは抵抗があるし、カウンセラーにはどこまで相談できるのかわからない。

行政書士にはどんな時に相談をしたらいいのだろう?

一言で離婚相談といってもその人の状況や考えによって悩んでいる事は様々です。

それでは状況別にカウンセラー・行政書士・弁護士のどこに相談したほうが良いのかを解説していきます。

どのような悩みをお持ちですか?

「離婚相談」といっても、人によってその悩みは様々です。

相談先は大きく分けてカウンセラー、行政書士、弁護士がありますが、それぞれの特徴とどのような時にどの専門家を選ぶのが良いかを考えていきましょう。

カウンセラー

カウンセラーができる事は、相談者の方の悩みの根本原因を一緒に探していったり、相談者の気持ちを整理したりすることです。

自分でも自分の気持ちがよくわからない場合や、どうしたら良いのかわからない時はカウンセラーに相談すると気持ちがスッキリしたり、自分の気持ちと向き合うことができるようになるかもしれません。

また、配偶者が何を考えているかわからない時や、配偶者の言動や行動が理解できない時にもカウンセラーに相談すると配偶者が何を考えているのか?どういう気持ちでいるのか?についてアドバイスをしてくれることもあるでしょう。

離婚はしたくない場合や夫婦関係をより良いものにしていきたい時もカウンセラーへの相談がきっかけで夫婦生活に前向きになることができるようになったりすることもあります。

このように自分の気持ちの整理や心がけたほうが良いこと、配偶者への接し方等へのアドバイスがほしい時はカウンセラーへ相談してみると良いでしょう。

気をつけていただきたいのは、カウンセラーは法律的なアドバイスはすることができないというところです。

こんな時はカウンセラーへの相談がおすすめ
・自分の考えがよくわからない
・離婚したほうがいいのか離婚しないほうがいいのか悩んでいる
・配偶者の気持ちや考え方がわからない
・離婚したくない
・夫婦円満に生活したい
・離婚したいと相手に伝える方法がわからない

弁護士

弁護士さんに相談したほうが良い場合は一言でいうと夫婦間でもめている時です。
離婚の条件でもめていたり、相手方との話し合いがうまくいかない場合は弁護士さんに相談するのが良いでしょう。

話し合いが上手くいっていない場合、代理人として相手方と交渉できるのは弁護士さんのみです。

また、相手から慰謝料をとりたい、養育費算定表の養育費よりも高い養育費を払ってもらいたい、財産分与で自分のほうが多くもらいたい、損をしたくないなど、婚姻中の事情を考慮して相手方と上手く交渉をしてもらいたい場合も弁護士さんに相談するのが良いでしょう。

気をつけていただきたいのは、弁護士さんはカウンセラーとは違い「こうしたい」という希望があることについてアドバイスをしてくれますが「どうしたらいいか」と自分の気持ちを決めかねている場合の心のアドバイスは難しい場合があります。

また、弁護士さんは取扱いの業務が幅広いため、離婚問題はあまり扱ったことがない方もいます。

高い報酬を払って依頼をするのであれば、離婚問題の取り扱い件数が多い弁護士さんを選んでお願いをすると良いでしょう。

こんな時は弁護士さんへの相談がおすすめ
・養育費や財産分与など、離婚条件でもめている
・自分のケースでは慰謝料がいくらくらいなのか知りたい
・相手が話し合いに応じてくれない
・話すのが苦手で配偶者に口で負けてしまいそう
・相手が弁護士を雇ったようだ
・配偶者の態度次第では調停や訴訟も考えている

行政書士

行政書士は弁護士さんのように夫婦間でもめている場合には代理人となって相手方に交渉することができません。

行政書士は離婚協議書や離婚公正証書など、夫婦の間で話し合いができている事を書面にするのが仕事です。

夫婦間で話し合いがまとまっていて、後は書面にするだけという場合は行政書士に依頼をするのが良いでしょう。

また、行政書士も法律的なアドバイスは可能ですが、弁護士さんのように個々のケースで「あなたの場合は慰謝料がいくらくらい」というアドバイスではなく、一般的なアドバイスに留まります。

行政書士も取り扱い業務の幅が広いため、離婚協議書をあまり作成したことのない行政書士もいます。
相談者の方が決めた内容を離婚協議書として文章にするには、高度な文章力が必要です。

相談者の方の意思を文章にするにはしっかりとお客様の話をヒアリングすることも大切です。

行政書士を選ぶポイントは、コミュニケーション能力文章能力が長けている行政書士を選ぶことです。

こんな時は行政書士への相談がおすすめ
・一般的に養育費や財産分与がどうなるのか知りたい
・夫婦間で話し合いをする時に決めたほうが良いことを教えてほしい
・夫婦間で決めた内容を書面にしてほしい

当事務所はカウンセラー兼行政書士が対応致します

当事務所は札幌ではもちろん、全国でも珍しいカウンセラー兼行政書士です。

あなたの悩みを心の面と法律的な面の両方からアドバイスすることが可能です。

また、行政書士としても、札幌ではもちろん全国的に珍しい夫婦問題を専門に取り扱う行政書士です。

離婚経験があり、カウンセラー資格があり、夫婦問題を専門に取り扱っている行政書士は札幌でも全国でも数少ない状況です。

その分、お客様の気持ちや状況にしっかりと配慮してアドバイスをさせていただきますので安心してご相談ください。

当事務所に離婚相談/カウンセリングを依頼する場合

・まずは下のLINEからご予約をお願いします。
・札幌市東区の事務所で対面相談
・札幌市内であれば喫茶店等での対面相談も可能です
・電話相談:全国対応
・Zoomでのビデオ相談:全国対応
・60分税込6,600円 以降10分毎に税込1,100円
・何から話して良いか決まっていなくても大丈夫!!
・あなたの気持ちを丁寧に確認します。

お問い合わせは下記のラインボタンをクリック
友だち追加

-カウンセリング, 離婚の話し合い, 離婚準備
-,

© 2021 離婚の大辞典 Powered by AFFINGER5