離婚したくない 離婚の話し合い

妻の離婚理由がわからない場合の対処方法

妻から突然の離婚宣告。子供を連れて家を出て行くと言っている。。。

突然このような状況になりパニックになる男性もいます。

ケンカはよくするけれど仲良くやってきたと思っていた。昨日まで妻の態度は普通だったのに離婚すると突然思っている理由がわからない。

突然子供を連れて出て行くと言われてもどうしていいかわからないですし、離婚したい理由がよくわからないのに「はいそうですか」と離婚に同意することはできないですよね。

それでは妻が離婚したい理由がわからない場合の対処方法を1つずつ確認していきましょう。

直近で夫婦喧嘩をしましたか?

妻が「離婚をしたい」「一緒に暮らすのはもう無理」と言い出す直近1週間くらいで夫婦喧嘩があったでしょうか?

喧嘩をした場合はそれが原因で妻の我慢がもう限界に達した可能性があります。
あなたにとって喧嘩というレベルのものではなくても、妻に対して直近で何かを責めたり怒ったり問い詰めたりした事があればやはり今まで我慢していたものが溢れてしまった可能性があるでしょう。

この場合は妻の話を「聞く」ことが大事です。まずは気持ちを聞かせてほしいと言って妻が話している間は言い返したり責めたりすることはなく徹底的に妻の話を聞いてみることが大事です。

妻の言葉を思い出してみる

今までの夫婦生活で、妻から「〇〇はしないでほしい」「〇〇してほしい」と何度か言われたことはないでしょうか?

はっきり自分の意思を表現できない妻の場合は、口にだした時にはかなりのストレスを抱えていることもあります。

妻の言い方が強くないからといって妻の要望をないがしろにしたり、妻の意見はすべて却下をしていた場合は「この人に何を言っても自分の意見はとおらない」と思ってしまって離婚を切り出したのかもしれません。

この場合は、何か不満だったことはないのか?何か出来ることはないか?と聞いてみると妻が何か話してくれるかもしれません。今まで妻の意見を却下してきた場合はすぐに妻の意見で変えられるところを見せて妻の意見を受け入れる事を行動で示すことも重要です。

朝から夜まで休みもなく仕事だった

朝6時に家をでて、帰宅は23時。土日も休みなく働いていませんか?

一昔前なら当たり前だったかもしれませんが、働き方改革が進んでからは残業もあまりなく週休2日の企業も増えてきました。

一方で、実家も頼れず友人もいない状況で夫の助けもなく一人で育児をする妻はとても孤独で辛い状況です。

夫としては、家族の将来のために残業や休日出勤ができるうちに頑張って稼いでおこうと一生懸命仕事をしていると思いますが、それは妻も望んでいることだったのか?というのがポイントです。

家族の将来のためには安定した仕事や貯金はもちろん必要ですが、貯金が増えていっても反比例して夫婦の関係が悪くなってしまっては本末転倒です。

妻にとっては家族で過ごす時間がもっと必要だったのかもしれません。

まずは仕事をセーブして休みの日はしっかり休む、早く帰宅できる日を作るなど家庭を大切にする姿勢を見せることが必要かもしれません。

妻が夫の仕事に理解がなかった

妻から何度か「仕事をやめてほしい」と言われたことはありませんか?

夫の仕事に理解ができていなかったり、勤務条件やお給料に妻が納得できていなかったという事もあります。

そこからエスカレートしていくと、何かある度に「夫が仕事を辞めないから」と何でも紐づけてしまうようになり、仕事を辞めない夫と悪い条件で夫を働かせる会社がすべて悪いと思い込み、夫婦生活のすべての事に不満を示すようになる場合もあります。

夫としても妻を納得させるには転職をする以外の選択がありませんし、転職したからといって確実に妻の状況が好転するとも限りません。

しかし、転職をしなければ妻の気持ちは悪化することはあっても良くなる可能性は低いので、仕事か離婚かの選択をしなければならない状況になってしまいます。

夜の夫婦生活はありましたか?

夫婦の夜の生活が数年なかった場合は離婚原因がセックスレスの可能性もあります。

離婚の理由として「セックスレス」とはストレートに言えないことも多いので他の理由を話すという事もあるのです。

何度かセックスレスについて話し合いたいと言う妻からの申し出を断ったり、妻の訴えをないがしろにしてきた事がある場合はこれが原因かもしれません。

逆に夫婦の生活が直近まであったのに、妻が離婚を言ってくるのはおかしいと思っている方もいるでしょう。

さみしがりやの妻の場合は、離婚を考えていても、夫との体の関係を求めてくることもあるのです。ある日は「もう離婚しかない」と思ったり、別の日は「もう少しがんばろう」と気持ちが揺れ動いているような状況の場合は、夜の生活をした翌日に離婚の話をしてくるという事も珍しいことではありません。

妻が不倫をしている可能性

突然「離婚をしたい」と言ってくる時は、不倫が原因の事も少なくありません。

妻の最近の行動で下記のような事があれば不倫を疑ったほうが良いかもしれません。

不倫をしている可能性がある妻の行動

・スマホを肌身離さず持っている
・とても機嫌が良い日が度々ある
・ある時から急に夫に冷たくなった
・夜の生活を拒否するようになった
・中学や高校の同級生と遊びに行く日が増えた
・オンラインゲームを毎日のように一緒にしている人がいる

妻の不倫は離婚をする気持ちがなく、家事や育児の不満を発散するためにしていることがありますが、離婚を切り出してくるような場合は正常な判断ができずに不倫にどっぷりとはまってしまっている可能性があります。

不倫の証拠を突き付けることで目を覚ます妻もいますが、逆ギレして手がつけられなくなる場合もあります。

不倫の証拠があれば不倫相手からも慰謝料請求をすることができますので、不倫を疑う不自然な行動があれば、証拠を探して押さえておくことが良いでしょう。

まずは妻の話をしっかり聞く

妻が突然離婚を切り出してきて、離婚理由がわからない場合はとにかく妻の話を丁寧にじっくりと聞くことが大切です。

話を聞くことに徹することで妻も自分の本当の気持ちを話してくれる可能性が高まります。

逆に言い返したり、責めるような事を言うと「何を話してもわかってくれない」と妻は心を閉ざして離婚の意思を固くしてしまいます。

女性は「気持ちをわかってほしい」「察してほしい」という一面がありますのでなるべく気持ちをわかろうとする姿勢。察する姿勢が妻の心に響くことは十分考えられます。

当事務所に離婚相談を依頼する場合

・まずは下のLINEからご予約をお願いします。
・札幌市東区の事務所で対面相談
・札幌市内であれば喫茶店等での対面相談も可能です
・電話相談:全国対応
・Zoomでのビデオ相談:全国対応
・60分税込6,600円 以降10分毎に税込1,100円
・何から話して良いか決まっていなくても大丈夫!!
・あなたの気持ちを丁寧に確認します。

お問い合わせは下記のラインボタンをクリック
友だち追加

-離婚したくない, 離婚の話し合い
-

© 2021 離婚の大辞典 Powered by AFFINGER5