不倫 別居

別居中の浮気調査には意味がないのか?

別居をしているけれど、配偶者が浮気をしているのでは・・・?と疑いをもってきたという方は少なくありません。

夫または妻から一方的に別居の提案をされて別居をはじめたけれど実は不倫が原因だったのではないか!?と別居してから不倫の疑いを持ち始めた方もいます。

しかし、別居中に探偵をお願いして浮気調査をしても意味がないと聞くけれど本当に意味がないのでしょうか。

また、離婚をする際には配偶者が不倫をしているかどうかで離婚条件は大きく変わりますので不倫の事実の確認はとても重要になってきます。

この記事では別居中の浮気調査と慰謝料請求について解説をしていきます。

別居中の浮気調査に意味はあるのか?

不倫の慰謝料請求をするための条件は夫婦の婚姻関係が破綻していない事です。

別居中の浮気調査に意味はないと言われるのは、別居中の場合は既に婚姻関係が破綻しているとみなされる可能性があるということです。

不倫が原因で夫婦関係が破綻したから慰謝料を請求することができるものであり、既に夫婦関係が破綻してからの不倫は慰謝料を請求することが難しくなるためです。

相手の言い分を予想する

別居後に探偵さんをお願いして浮気調査をして不倫をしている証拠がとれたとしても、相手方としては「夫婦関係が破綻したから別居をした」「別居をしてからの交際だから夫婦関係が破綻してからの交際だ」と主張をしてくるでしょう。

裁判になった場合には証拠がすべてです。つまり相手方の主張を覆す証拠がなければ戦うことが難しいというわけです。

別居前から不倫をしていた証拠を掴む

別居後からの交際だから夫婦関係が破綻してからの交際だという主張を覆すためには下記のような証拠が必要になります。

別居前から継続して交際をしていた証拠を確保する

別居前からの交際を証明できればそれは重要な証拠となるでしょう。しかし、別居してから証拠を集めるのはなかなか難しいところがあります。

別居後も見つけることができる証拠は下記のようなものです

・不倫相手からの手紙(バレンタインデーや誕生日などの日付があるものや二人の関係性がわかる文章)
・パソコンのメールやインターネットの閲覧履歴
・ホテルや旅行の予約履歴
・ホテルを利用したクレジットカードの明細
・不倫相手の写真や不貞行為中の写真
夫婦関係が破綻していないことを証明する

別居後の不倫問題は相手方は高い確率で別居=夫婦関係が破綻しているという事を主張してくるでしょう。

これに対抗するには、夫婦関係が破綻していない証拠を集める必要があります。

夫婦関係が破綻していない事を証明するには日々の記録の積み重ねが大切です。

下記のような出来事を積み重ねると証拠として対抗できる可能性があるでしょう。

・家族で一緒に食事に行った
・家族で一緒に旅行に行った
・お互いの家に頻繁に出入りしている
・洗濯をしてあげたりしてもらったりしている
・夜の夫婦関係がある
・LINEで再構築に向けたメッセージのやりとりをしている

逆に下記のような状況は配偶者が夫婦関係が破綻している証拠として出してくる可能性があるものです。

・お互いの家に行き来していない
・連絡は必要最低限のみ
・別居してから会っていない
・LINEで「離婚しかない」「離婚する」など離婚について議論をしている

自白がとれれば可能性はある

ここまで解説してきましたが、別居後に不倫を調査して不倫の慰謝料請求をすることはなかなか難しい状況というのが事実です。

別居前からの不倫の証拠を掴むのは別居してからでは難しいですが、本人の自白がとれれば可能性はでてきます。

別居後に交際している相手がいる事をつきとめて「不倫が原因で別居をしたのか?」という質問に「YES」と回答した音声の録音がとれれば大きな証拠となるでしょう。

前から不倫をしていた事を知っていた。前から不倫をしていた証拠がある。とかまをかける事であっさり自白したという事例もあります。

別居中の浮気調査のメリットとデメリット

別居中の浮気調査のメリットは証拠が掴みやすいことです。

一人で家を借りたと言って不倫相手の家にころがりこんでいる場合もありますし、逆に別居するために借りた家に不倫相手が入り浸っていることもあります。

このような場合は探偵さんをお願いするとすぐに証拠を掴むことができるでしょう。

逆に別居中のデメリットは配偶者のスケジュールを把握することが難しくなる事です。同居中は家を出る時間や帰宅時間、休日がわかりますのでだいたいのスケジュールを把握することができましたが、別居中は配偶者からの連絡がなければスケジュールを把握することが難しい状況になります。

仕事の休みがシフト制で土日祝日も出勤がある仕事はシフトを教えてもらうことができなくなると相手の休みがわからなくなります。

また、別居後に配偶者の生活パターンが変わることも考えられますので、不倫相手と頻繁に会っていない場合は探偵さんをお願いする日にちを絞ることが難しい状況になるでしょう。

しかし、別居をしているということは不倫をしている配偶者はかなり油断をしていて不倫相手に好きな時に会える状況ですので証拠を掴むチャンスは大いにあるでしょう。

別居してしまったからと諦めない

離婚をする際の離婚条件は相手方に不貞行為があるかないかで大きく異なります。

もし相手方が不倫をしている事を理由にあなたに適当な理由を言って別居を申し出てきたのであれば不倫がバレずに離婚できたらラッキーと思っている可能性があり、そのような考えは許されるものではありません。

夫婦関係の破綻はそう簡単に認められるものではありませんので、別居をしてしまったからといって不倫の調査と慰謝料請求を諦めてはいけません。

不倫の疑いがあるならまずは弁護士さんに相談したうえで調査を探偵さんに依頼をしましょう。

別居期間が長くなればなるほど夫婦関係が破綻していると言われる可能性が高くなりますので早めの相談、早めの証拠確保が大切です。

当事務所に相談を依頼する場合

・まずは下のLINEからご予約をお願いします。
・札幌市東区の事務所で対面相談
・札幌市内であれば喫茶店等での対面相談も可能です
・電話相談:全国対応
・Zoomでのビデオ相談:全国対応
・60分税込6,600円 以降10分毎に税込1,100円
・何から話して良いか決まっていなくても大丈夫!!
・あなたの気持ちを丁寧に確認します。

お問い合わせは下記のラインボタンをクリック
友だち追加

-不倫, 別居
-, ,

© 2021 離婚の大辞典 Powered by AFFINGER5