不倫 不倫の慰謝料

不倫相手が弁護士を依頼したらどう対応すればいい?

不倫の証拠を掴んで、いざ不倫相手と話し合いをしようと不倫相手と連絡をとると「弁護士を頼みましたので今後の連絡は弁護士とお願いします」という返事がくることがあります。

こちらとしては弁護士を依頼せず話し合いで慰謝料を請求しようと考えていたのに、いきなり弁護士を頼んだという連絡がくると驚きや怒りや色々な感情が溢れてくることでしょう。

不倫相手と直接会って話をして、こちらがどんな気持ちであったかを伝えたいという方もいますし、逆に不倫相手がどんな気持ちでいるのか聞いてみたいと思っている方もいるでしょう。

それなのに、話し合いどころか謝罪もなしにいきなり弁護士を頼んだと言われてはこれ以上は話をすることはできないのでしょうか?

また、こちらも弁護士を探さなければならないのでしょうか?この記事では不倫相手が弁護士に依頼をした時の対応方法について解説していきます。

不倫相手が弁護士を頼んだ理由は?

不倫相手が早々に弁護士を頼むということは、何か理由があるはずです。弁護士を依頼するにはそれなりのお金がかかりますし、あなたが不貞行為の証拠を持っているのであれば慰謝料は支払わなければならないということも理解しているでしょう。

不倫相手が弁護士を頼む理由には下記のようなものがあります。

慰謝料を支払う必要がないと思っている

不倫相手の中には、自分は慰謝料を支払う必要がないと思っている人もいます。つまり自分には非が無いと思っているということです。

婚姻関係は破綻していると思っていた。婚姻関係は破綻していると聞いていた。と主張してくることが多いでしょう。中には婚姻関係は破綻していないことを知っていて慰謝料請求から逃れようとしている悪質なケースもありますが、あなたの配偶者が巧妙に騙していたり積極的に誘っていたような場合もあります。

何かしらの理由で慰謝料の請求に納得がいかないと感じている場合は、弁護士を依頼して徹底的にあなたと戦う姿勢を見せることもあるでしょう。

慰謝料を減額してほしいと思っている

あなたが既に希望の慰謝料を提示している場合は慰謝料の減額をするために弁護士を依頼した可能性もあります。

慰謝料を支払う気持ちはあるけれど、提示されている金額は相場よりも高いと感じているのかもしれません。

または慰謝料を支払うだけのお金が用意できなくて困っている可能性もあるでしょう。

慰謝料の減額や分割払いの交渉をあなたと直接したくないと思って弁護士を依頼する場合もあります。

社会的な地位をもっている

有名な会社に勤務していたり、SNS等のインターネットの世界で名が知れていたり、芸能関係の人であったりと社会的な地位を持っている人はすぐに弁護士を依頼する可能性もあります。

あなたに不倫のことについてインターネットで拡散されたり会社に言われたりすると困ると思っている場合は、直接あなたと話をすることで録音した音声を拡散されたり、メッセージのやりとりを拡散されるリスクを考えているの可能性もあります。そこであなたとの接触は極力避けてすぐに弁護士を依頼したのかもしれません。

あなたの配偶者が助言をした

あなたの配偶者が不倫相手に「弁護士を頼めば大丈夫だよ」「とりあえず弁護士を頼もう。弁護士費用は負担するから」などと弁護士を依頼するように助言をした可能性もあります。

不倫相手と配偶者がまだ関係を続けていたり連絡をとっているようなら、あなたの行動は二人の間ですべて共有されている状態でしょう。

慰謝料請求をされた不倫相手は、あなたの配偶者に「慰謝料を請求されたけどどうしたらいいか?」と相談している可能性は十分に考えられます。

あなたも弁護士を依頼するべきか?

不倫相手が弁護士を依頼したからといって、あなたもすぐに弁護士を依頼する必要があるわけではありませんし、必ず弁護士を依頼しなければならないわけでもありません。

まずは相手の弁護士からの連絡をまって、不倫相手がどのような主張をしてくるのか聞いてからでも遅くはありません。

また、こちらも弁護士を依頼するかどうかは、あなたの持っている不倫の証拠によっても状況が変わります。

あなたが持っている証拠が十分で、不倫相手や配偶者が何を言おうと覆ることがないようなら弁護士を依頼しなくても戦えるかもしれません。

しかし、あなたが持っている証拠が十分でない場合は弁護士さんの力を借りて戦ったほうが良いこともあるでしょう。

また、緊張して弁護士さんとはうまく話すことができなかったり、感情的になって気持ちを抑えることができない場合も弁護士さんを依頼したほうが良いかもしれません。

弁護士さんを依頼したほうが良い場合

・不倫の証拠が弱い
・弁護士さんと上手く話せる自信がない
・溢れる感情を抑えることができない
・もともと話すことが苦手
・精神的に弱っていて弁護士と話すのが苦痛
・訴訟も考えている
・金銭的に余裕がある

相手の弁護士は交渉をしてくる

弁護士を依頼せず、相手の弁護士と直接やりとりをしようと考えている方は、相手の弁護士は「交渉」をしてくるということを忘れてはいけません。

弁護士は依頼人の利益のために行動をしますので、不倫相手に少しでも利益があるように、できればたくさん利益がでるようにあなたに交渉をしてきます。

時には相手弁護士の発言に憤りを感じたり、あなたの非をついてくることもあるでしょう。あなたにとっては触れられたくないことや積極的に話をしたくない事も巧みな話術で引き出してくることもあります。

一人で戦うのであれば、相手弁護士に会話は常に録音されているものと思って常に冷静に対応をする強い心を持たなくてはなりません。

どうすれば良いか迷っている方は当事務所にご相談ください

気持ちの整理ができなくて困っている。感情的になってしまい心が不安定。弁護士を依頼せず一人で戦うと決めたけど自信がない。

そんな悩みをお持ちの方は一人で悩まずに当事務所にご相談ください。カウンセラー資格を持った行政書士がメンタル面でのアドバイスと法的なアドバイス両方からあなたの悩みを解決に導きます。

・まずは下のLINEからご予約をお願いします。
・札幌市東区の事務所で対面相談
・札幌市内であれば喫茶店等での対面相談も可能です
・電話相談:全国対応
・Zoomでのビデオ相談:全国対応
・60分税込6,600円 以降10分毎に税込1,100円
・何から話して良いか決まっていなくても大丈夫!!
・あなたの気持ちを丁寧に確認します。

お問い合わせは下記のラインボタンをクリック
友だち追加

-不倫, 不倫の慰謝料
-

© 2021 離婚の大辞典 Powered by AFFINGER5