妻が離婚してくれない

妻が離婚してくれない原因とその対処法

「離婚したくない」と頑なに妻が離婚を拒否してくる。話し合いをしようとしても「離婚はしたくない」の1点張りで、過去の夫婦生活で自分に非があったところを掘り返して責めてきて話にならない。

妻が離婚に同意してくれないと悩んでいる方は少なくありません。妻が離婚を拒否している状況では協議離婚は成立しません。しかし調停や裁判、弁護士さんにお願いしたりと大事にしたくないという方もいるでしょう。

この記事では離婚をしてくれない妻の離婚を拒否する原因を考えてどのように妻に接していけば良いのかについて一緒に考えていきましょう。

夫しかいないと思っている

妻の怒ったり、泣いたり、感情的な部分が苦手という方は少なくありません。しかし、たいていの女性は感情的になるものです。特に夫は妻が気を許している一番近くにいる存在ですから思った感情をぶつけてしまうことも多々あるでしょう。

夫婦喧嘩が続いて、夫に対する態度が冷たくなっても妻は夫を愛しているということは珍しいことではないのです。妻は冷たい態度をとることで夫に「察してほしい」「気づいてほしい」という気持ちがあるのです。

毎日の態度とは裏腹に、私のことを理解してくれるのは夫しかいない。夫以外の人は絶対に考えられないと思っている妻もいます。どんなに大きなケンカをしても、夫に酷い事を言っても夫以外の人は考えられないと思っているので離婚には絶対に同意しないと決めている妻もいます。

まずは離婚の理由を丁寧に説明する

夫しかいないと思っている妻に離婚を納得させるのは正直にいいますと難易度が高いの一言につきます。

話し合いは何時間も何日にも及び、その度に同じような事を言われてしまうでしょう。まずはあなたが離婚をしたいと考えている理由を丁寧に説明しましょう。妻は昔の話や自分も辛かったことを主張してくるかもしれませんが、めげずに離婚の意思を伝えることが重要です。

妻の必死の訴えに情がでてしまうこともあるかもしれませんが、このタイプの妻は少し情を見せるとそれに気づいてやり直せると思い込んでしまいます。離婚を決意したなら心を鬼にしてあなたの主張をまげずに一貫性をもって何度も同じことを言うことが大切です。

どうしても話し合いができないなら別居を検討する

毎日何時間もの話し合いが続く場合は、別居を検討しても良いとおもいます。仕事から帰って毎日何時間も拘束されては心身を健康に保つことはできず、正常な思考もできなくなってしまいます。

別居をする場合に心に留めておいてほしいことは、別居をしたからといってすぐに妻が離婚に同意するわけではないということです。場合によっては別居から数年経ってようやく離婚が成立したというケースもあります。

別居をすることで夫は妻へ婚姻費用を支払わなければなりませんので金銭的負担も大きくなります。

もし、別居をするのであれば別居の日にちを決めて〇日には家を出て行くと予告をしておきましょう。突然妻のいない時に出て行くことはおすすめできません。妻がその状況に納得できず離婚に同意してくれない期間が長引く可能性があるからです。

かといって、妻が家にいる時に家から出て行くことも難しい状況ですが、腕を掴まれても何度も引き留められても離婚の意思は変わらないということをしっかり伝えることが重要です。

別居後は接触頻度を減らす

夫しかいないと思っている妻の気持ちを変化させるには、接触頻度を減らすことです。別居をしてもLINEで常に連絡をとりあっていたり、会っていては別居の意味がありません。連絡はしない、会わない。を徹底することが大事です。

妻は夫との連絡が繋がることで安心を覚え「まだ繋がっている」と希望をもってしまいます。事務的な連絡以外は連絡をしないように心を鬼にして対応しましょう。

中途半端な優しさはみせない

妻は夫が情を見せたり、優しくしてくれるその瞬間を見逃すことはありません。そこから「まだ大丈夫」「まだやり直せる」と考えてしまうのです。

妻とやり直す気持ちがあるなら優しい面を見せても良いかもしれませんが、絶対に離婚をする、離婚一択と決めているなら、そのような面は見せてはいけません。冷たくするのはあまりにも酷い、かわいそう。と思うかもしれませんが、優しさをみせて妻にやり直せると思わせるほうが酷な状況になります。

優しくするなら最後まで責任をとる。責任をとれないなら突き放すことが優しさでもあるのです。

離婚するなら死ぬと言われる

離婚するなら私は生きている意味がない。と言われて恐怖があるが、もう妻と一緒にいることは耐えられないという方もいるでしょう。

夫がいないと生きていけないとしきりに主張する妻は何かしら心に問題を抱えている可能性があります。

このような場合は、妻に心療内科の受診やカウンセリングを受けることをすすめてみましょう。夫も一緒に診察やカウンセリングに同行しても良いと思います。

離婚をするにしても妻の心の状態が少しでも良いときに話をすすめたほうが良いでしょう。また、心療内科やカウンセリングで状態が良くなることで離婚に同意する可能性も考えられます。

妻が離婚してくれなず悩んでいる方は当事務所にご相談ください

妻が離婚してくれない。妻とは離婚の一択しかないが、どうやって離婚をすすめていけばいいか困っている方は当事務所へご相談ください。

当事務所は夫婦問題専門ですので、相談実績が豊富です。妻の性格や状況をカウンセリングで丁寧に分析して、あなたの妻に適切な対応をアドバイスいたします。

妻が離婚に同意してくれて離婚が成立した実績もあります。一人で悩まずにご相談ください。

・まずは下のLINEからご予約をお願いします。
・札幌市東区の事務所で対面相談
・札幌市内であれば喫茶店等での対面相談も可能です
・電話相談:全国対応
・Zoomでのビデオ相談:全国対応
・60分税込6,600円 以降10分毎に税込1,100円
・何から話して良いか決まっていなくても大丈夫!!
・あなたの気持ちを丁寧に確認します。

お問い合わせは下記のラインボタンをクリック
友だち追加

-妻が離婚してくれない
-

© 2021 離婚の大辞典 Powered by AFFINGER5